読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりもライフ

30代これからの生き方について考えたり、生活に役立ちそうなことを綴っていくブログ

キャリアカウンセラー(CDA)資格取得を目指した理由

ライフスタイル ライフスタイル-働き方 ライフスタイル-生き方

f:id:mightymind11:20160523212522j:plain

キャリアカウンセラー(CDA)という資格をご存知でしょうか。CDAとはキャリア・デベロップメント・アドバイザーの略称です。

 

2016年4月から国家資格となります。

 

平成36年度末までにキャリアコンサルタントの数を累計10万人とする「キャリア・コンサルタント養成計画」を策定。

昨年9月11日には、キャリアコンサルタントの国家資格化に関する職業能力開発促進法の改正法案が衆議院本会議で可決・成立しました。

「キャリアコンサルタント」の登録制(国家資格化)が本年4月1日より施行されました。

http://www.nipponmanpower.co.jp/cc/information/cc_school/

以前のような終身雇用の時代から不安定な社会に変化する時代です。会社が雇用を守り人材育成していくという時代は今や昔の話。

 

これから企業に雇用を守ってもらうのではなく、個人一人ひとりが人生をどう生きたいのか考え働く必要があります。

 

人生の選択肢も広がり、数ある選択肢の中からどう生きるのか選ぶことが難しい…。家族や友人・職場の同僚に対してなかなかそんな相談もできないで悩む人も多い。

 

そんな社会だからこそキャリアカウンセラーは今後必要とされてくると思いました。一人ひとりに対して真摯に相談できる人になりたいなーと。そんな私がキャリアカウンセラー(CDA)資格を取得しようと思ったきっかけ。

自分自身のキャリア(人生)を真剣に考えたい

転職を繰り返し働き方を見直したいと思ったのがきっかけです。

 

新卒で入社したが業績不振・将来の展望も見えず会社都合で辞める。転職できたものの仕事・人間関係もうまくいかず結果辞めてしまったり…。

 

こんなはずでは…うまくいかなかったことで本気で考える時期だと思いました。なんとなく大学卒業してそれなりの規模の会社に就職できれば安泰かなーと思っていたのも事実です。

そんな人生を変えるきっかけにしたいと思いました。

キャリア(仕事選び)に悩んでいる人は多い

退職しハローワークに失業給付手続きに行くとホントに人が多い!手続きにも時間がかかり、たくさんの人が失業し仕事を求めてきているのかと驚きでした。

 

Webデザインの職業訓練学校に通った時にも様々な理由で退職した人と出会いました。人間関係に疲れてしまった、女性で営業をやっていたが男性社会についていけなかった、などキャリアに悩んでいる人はたくさんいるのだと実感。

 

訓練校ではWebデザインの勉強はもちろんですが、再就職にあたり自分がどんなことに興味がありどんな人生を歩みたいかといったカリキュラムもあり、自分自身を見つめ直すきっかけにもなりました。

 

仕事で悩む人が多くいる現在、人を支援する仕事の必要性を感じました。

心理学・自己探求・心の働きに興味があった

子どものころから人がどんなことを考えているのか、人の心の動きというものに興味がありました。書店に行っても書籍も自然と心理学の書籍を手に取ります。

 

人の悩みの全ては対人関係に起因するとアドラー心理学で言われます。劣等感・自己卑下感・不安感などもとをたどると対人関係から生じる感情です。

 

自分にとっての悩みも対人関係から来ているからこそ、悩みを最小限により豊かな心で生きていきたいと考え、心理学を学んでいこうと思いました。

 

スポンサーリンク

 

キャリアカウンセラー(CDA)を目指す理由は人それぞれ!

資格取得を目指す理由は人それぞれ。

 

・定年間近で第二のキャリアを考えたい

・人生経験を活かして社会の役に立てる仕事したい

・人材紹介会社・大学キャリア支援課等に勤め業務のスキルアップ

 

私自身いろいろな方にキャリア相談をする中で、素敵なキャリアカウンセラーの方と出会い学んでみようと思いました。

 

生きてきたすべて経験・キャリアが活かせられるのがキャリアカウンセラー(CDA)の魅力だと思います。

広告