読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりもライフ

30代これからの生き方について考えたり、生活に役立ちそうなことを綴っていくブログ

4つの質問からキャリアストーリー「人生脚本」を描こう

ライフスタイル ライフスタイル-生き方

f:id:mightymind11:20160616210811j:plain

キャリアカウンセラーの勉強をしている中で、キャリア・人生について考えることがあります。

キャリアとは一般的に仕事のイメージが強いですが、キャリア(career)の語源はラテン語で「車道」。行路・足跡と意味します。キャリアとはこれまで歩んできた道であり、人生全体を包括した意味になります。学校生活・職業生活・結婚・家庭・退職後などすべてがキャリアとなります。

 

私自身転職を繰り返し自分はどういった生き方をしたいのだろうと悩みました。転職経験も長い人生の中の一部です。そんな転職経験から人生を見つめ直してみようと考えました。

 

自らを見つめ直すためにする4つの質問があります。人生を肯定的に捉えるためには自分自身がなにを大切に生きてきたのかを知る必要があります。大切にしていることが理解できると、人生の進むべき方向が分かります。

 

カウンセリングの場でも使われる質問です。是非自分自身に問いかけてみてください。

①幼少期、6歳前後で憧れていた人は誰?

幼少期の6歳前後に憧れていたひと、できれば3人考えてみてください。もし思い出せない場合は動物やアニメのキャラクターでも大丈夫。

 

・その人達についてどういった印象や憧れがありましたか?


幼少期に憧れた人物は、あなたがお手本としたいロールモデルです。幼少期は社会通念や固定概念が最も少ない時期です。数ある過去の記憶の中で印象に残っているということに意味があります。

 

私はぱっと2人思い浮かびました。

1、母親

2、保育園の先生

どういった印象を持っていたのかというと、すごく安心できる場所。遊んでいる時にもいつもそばで見守っていてくれて安心できる存在。私は人からも安心してもらえるような存在になりたいのだと思っています。慌ただしかったり殺伐とした環境にいる時は生きづらさを感じます。身も心も安心できる環境に身を置きたいという欲求があるのだと思います。

②定期的に見てしまうテレビ・雑誌はなに?

定期的につい見てしまうテレビ番組や雑誌は何ですか?できれば3つ考えてみてください。

・どんな番組・雑誌ですか?

・その番組・雑誌のどんなところが好きですか?

 

この質問は職業興味を表すものです。どんな環境でどのように働きたいかを意味します。


私の場合はこの3つが浮かんできました。

1、週刊プレイボーイ

2、ゴッドタン

3、情熱大陸・プロフェッショナル 仕事の流儀

1、記事の切り口が面白いこと、発想豊かで自由でオープンな印象。リリーフランキーの人生相談の悩める若者も好き。

2、くだらないことを全力でやるってスゴいことだと思います!芸人さんが本気で歌うマジ歌選手権やキス我慢選手権、演者・スタッフが団結し本気で面白いものを作ろうと取り組む、そんな情熱が好き。

3、一流の人がその道を選んだわけ・なぜプロフェッショナルと呼ばれるのか?仕事に情熱を持って生きる人を観察することが好きです。

③お気に入りの本や映画はなに?

いつも手元に空いてある大切なお気に入りの本や映画は何ですか?できれば3つ考えてみてください。

・その本や映画はどんなストーリーですか?

・ストーリーの中のどんなところが好きですか?

 

自分の将来の可能性をストーリーの中から見出します。好きなストーリーは問題にぶつかった際の解決方法を表しています。

 

私が生きてきた生涯で最も大好きなマンガ

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

11世紀のヨーロッパが舞台。主人公トルフィンは父を殺された復讐のため、戦いに明け暮れるもその仇が死んでしまうことで生きる目的を失ってしまう。自分を見失い奴隷となったトルフィン。農業・奴隷生活の中での出会いを通じて自分の生き方を模索する。多くの命を奪ってきた後悔から奴隷として虐げられる人々の希望となる「戦争も奴隷もない平和な国」を作ることを決意。

 

生きることに悩み苦しむ時期はあるけれど、暗闇の中でも必死で生きている限りは必ず道は開かれる。そんな希望をもらえる大好きなマンガ。

④お気に入りの格言・モットーはなに?

生きるうえで大切にしているお気に入りの格言やモットーは何ですか?

 

自分に対するアドバイスを表します。

次のステップに向け動き始めるための、直感的な行動をシンプルな言葉で表しています。

 

私はブログのサブタイトルした「心を自由に自然体で生きる」ことをモットーにしています。最もうまくいくパターンは心がなにものにも捉われず、自然体で過ごしている時が最も良い状態であるからです。

 

スポンサーリンク

 

人生の主役は自分自身!人生の意味を見つけ脚本を描こう

・仕事の人間関係で悩んでいる

・今やっている仕事が嫌い

・今の生き方は本当に正しいのだろうか?

 

悩み・迷いが生じた時には立ち止まってみて、自分の内側に問いかけてみてください。

「何を望み何を大切に生きてきたのか?」

これらを明確にすることが、どういう生き方をしたいかを知る手掛かりとなります。その情報から自分だけの人生脚本を描いてみてください。

 

一人ひとりが人生の主役であり、物語を自分で創ることができます!どんなストーリーを描き、主役である自分がどんな役を演じたいのか?立ち止まって考えてみることも大切。

広告