まりもライフ

30代これからの生き方について考えたり、生活に役立ちそうなことを綴っていくブログ

【プチ断食】アラサー男子食べ過ぎてしまうのでプチ断食始める

f:id:mightymind11:20160619191852j:plain

生きていると日々ストレスを受けている。多くは人間関係から生じているが、その反動からかつい食べ過ぎてしまう。

 

どんどん食べたくなり、食べ始めると止まらなくなる。食欲の無限連鎖…。

 

栄養価が高く健康に良いと思いバナナチップを1kgをamazonで購入。一日で半分くらい食べてしまった…。食べ過ぎると満足感よりもやっちまったーって罪悪感にかられる。

 

そして食べ過ぎると身体が重い…。これはいかん!食欲をコントロールせねばと思いました。いつも悩みがあると本屋で悩みに対する解決してくれそうなタイトルを探すという行動に。そこで出会った断食本。

 

ちょっと試してみたプチ断食が食べ過ぎに効果があったので、そのプチ断食効果について書いていきます。

 

参考図書:空腹はなぜいいか? (PHP文庫)

プチ断食とは?超シンプル朝食を抜くだけ

 朝食を食べなければ午前中の頭が働かないという思い込みがあり、無理をしてでも朝食を取っていました。しかし現代人は朝食は取らないほうが良いみたいです。

 

現代は飽食時代で食べるものがたくさんあるし、どちらかというと食べ過ぎ傾向にある。

 

仕事についても肉体労働であればその分のエネルギーは必要ですが、デスクワーク中心の生活であったため朝食を抜いても全く問題がありませんでした。

プチ断食の効果、空腹を感じることができた

空腹を感じることができた、これがなにより新鮮でした。

 

お腹が鳴ることが空腹のサインかと思っていたが、その先にある本当の空腹と出会うことができた。

 

空腹を感じること飢餓状態に陥ったほうが動物的本能が呼び覚まされて、頭も身体もスッキリした感覚がありました。

 

空腹状態になると身体の中にある老廃物や脂肪といった無駄なものをエネルギーに活動します。

プチ断食で空腹を感じると食べることへの感謝がわく

何も考えずに目の前にあるものを食べる。甘いものも大好きでずっと食べて続けてしまう。慢性的に食べていた日々。

 

プチ断食を始めて空腹感を感じることで食べることのありがたみを感じることができます。これまで考えることもなかった生産者・加工業者・最終調理してくれる人を想像しながら食べるようになりました。

 

母が作ってくれる料理にもありがたいなーと思え、いつもよりもおいしく感じることができます。

プチ断食で食べるべきものを選択する力を養う

プチ断食のあとに食べるものは大事です。プチ断食の後にはなぜか脂っこいものや甘いものへの食欲があまりなくなりました。なんだか身体が受け付けない感覚になります。

 

私はアトピー持ちで悪いものを食べたり、食べ過ぎたりすると皮膚に出てしまう体質があります。甘いものや脂っこいものを食べるとアトピーが悪化し皮膚がかゆくなります。

 

プチ断食を行い空腹状態にすることで、本当に身体が欲しているもの直感的に選べるようになります。なにを食べたらよいかは身体が教えてくれます。

 

スポンサーリンク

 

プチ断食で食をコントロールし人生をコントロールする

食べるものが私たちの身体を作っています。食べたものが血となり肉となり体を動かすガソリンになります。ガソリン車なのに軽油を入れてもエンジンが壊れてしまいます。

 

体が欲していないものを取り過ぎるのはよくない。食をコントロールする力が必要です。その方法としてプチ断食は有効だと思います。

 

食をコントロールすることが人生をコントロールすることにつながる。食べることをコントロールできない人は人生もコントロールできないと思います。

 

ちょっとした食生活の変化が人生をコントロールする術につながるのかもしれません。

 

空腹はなぜいいか? (PHP文庫)

空腹はなぜいいか? (PHP文庫)

 

 

広告