まりもライフ

30代これからの生き方について考えたり、生活に役立ちそうなことを綴っていくブログ

Aimerの歌声の魅力、ライブ生歌で聴くとやっぱイイね!

f:id:mightymind11:20161102175031j:plain

Aimerのその歌声を一度生で聴いてみたいと思い行ってきたライブ。

 

「Aimer Hall Tour 2016 ~like a daydream」

 

繊細で歌声はアコースティックな雰囲気の曲にもピッタリ、今回のアルバム楽曲では新たな可能性を感じさせてくれる。

 

2000人近い観客を前にして堂々と歌い上げる姿。その歌声は聴く人を一気に引き込む力がある。

 

その歌声は聴く人の心に響く歌声ってやっぱりスゴイなぁって思います。

 

今回のアルバム「day dream」は数多くのアーティストからの楽曲提供もあり、Aimerというアーティストの歌を幅を広げてくれたアルバムだと思います。

Aimerの歌声の魅力

Aimerの歌声の魅力とはなんだろうか?


切なさを感じさせ、時に儚さ・強さも感じさせる。


少年のようなハスキーな歌声、切なく歌うウィスパーボイス。


ひとつの歌声の中に様々な感情を想像させる力がある。


聴く人に色々な感情を想起させる、それがAimerの歌声の魅力なのだと思います。

 ライブ序盤

twoface

twoface

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

内澤崇仁(androp)楽曲提供のこの曲。

初めてスタジオに入った時、たったの「ラララ」で彼女の世界を作った表現力に驚き感動しました。「Aimer」の世界を壊してみたくて、自分が今までやりたくてもできなかった欲望をぶつけました。彼女は全部受け止めて、壊れるどころか新しいカタチを生んで与えてくれました。素晴らしい表現者と作品を作れて、新しいAimerが生まれた瞬間に立ち会えて幸せです。

内澤崇仁(androp)

http://www.aimer-web.jp/daydream/

 

ライブ序盤でこの疾走感のあるこの曲。Aimerのイメージは落ち着いた雰囲気の「静」の印象が強かったのですが、この疾走感ある楽曲はその歌声の力強さを感じさせてくれる。序盤から良い意味で期待を裏切ってくれたと思いました。

ライブ中盤

 

Aimer 『蝶々結び』 ※野田洋次郎(RADWIMPS)楽曲提供・プロデュース

 

Aimerの声をはじめて耳にしたのはもう3、4年前だと思います。たまたま知り合いからCDをもらって。声だけで、この人のことなんか好きだなと思ってしまった。レコーディング中は彼女の声を何度も聞くことができて幸せでした。

野田洋次郎(RADWIMPS)

http://www.aimer-web.jp/daydream/

この楽曲でAimerというアーティストを知った人も多いと思います。初めてテレビ番組出演したミュージックステーションにもこの曲を歌いました。

星屑ビーナス 

星屑ビーナス

星屑ビーナス

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ライブではピアノ伴奏のみのシンプルなアコースティックな演奏。シンプルな演奏と聴かせる歌声。

AM02:00~AM03:00~AM04:00のメドレー

AM02:00

AM02:00

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
AM03:00

AM03:00

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
AM04:00

AM04:00

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 これまでの3枚アルバムに収録されている曲。この3曲をつなげたメドレー演奏、アレンジもスゴク良かった。

ライブ終盤


Aimer 『us』 ※TK(凛として時雨)楽曲提供・プロデュース 9/21発売new album「daydream」収録

 

声からメロディが生まれ、言葉が引き寄せられていく様な不思議な魔法を持ったAimer。まるで行き先を知っているかの様なその声に少しだけ地図を書き足して、見たことも無い場所に辿り着いてしまいました。

TK(凛として時雨)

http://www.aimer-web.jp/daydream/

 

凛として時雨のこういった世界観の楽曲とAimerの歌声はホント合います。

六等星の夜

アンコールのラストに歌った曲。ピアノ伴奏のみで歌う、デビュー曲でもありAimerというアーティストの原点と言える一曲。

 

スポンサーリンク

 

Aimerというアーティストの魅力

Aimerの魅力は何といってもその「歌声」なのだと思います。

 

今回のアルバムでは数々の有名なアーティストからの楽曲提供もあり、その歌声の可能性を感じさせてくれました。その楽曲や歌の印象から「静」というイメージが強かったのですが、ライブでの印象はその声の「切なさ」と同時に「力強さ」も感じさせられました。

 

観客に向けて何度も深々とお辞儀をする姿も印象に残りました。デビューして5年…初心忘れることなくその謙虚な姿勢は、音楽聞いてくれる人への感謝の表れなんだと思いました。

 

自分の歌声や音楽を聴いてもらえるということは、それだけで本当にありがたいことなのだと思います。

 

また新たな楽曲と共にその歌声を聴かせてほしいなぁと思わせてくれるライブでした。

daydream(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)

daydream(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)

 

広告