読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりもライフ

30代これからの生き方について考えたり、生活に役立ちそうなことを綴っていくブログ

【ネット断食のススメ】ネット情報と距離を置く生活をしてみる

f:id:mightymind11:20160904095736j:plain

電車に乗るとたいていの人はスマホ画面に向かっている。私もスマホをずっと見ているそんな電車の中の風景の一人。

 

スマホは便利!しかし生活がネットに浸食されてしまい、スマホに時間を奪われてしまっている感覚になります。そんな時間がなんだかもったいないなぁーと思うことがある。

 

無駄なネットの時間をもっと有効に使えないものかと考えるが、頭で分かっているものの人の習慣というものはなかなか変えられない。

 

人は変化することを恐れる、いつもの生活を変えたくない…という潜在意識が働き習慣をやめるということがなかなかできない。

 

以前はいつも朝食を食べるという習慣がありました。ある本を読んで朝食を抜いたほうが健康には良いとあったので朝食抜きの生活をしてみると意外や意外!朝食を抜いたほうが頭も冴えて調子も良かったです。

【プチ断食】アラサー男子食べ過ぎてしまうのでプチ断食始める

 

これまでの習慣を変えてみることで気持ちも変わるという経験をしました。そこでネットをやめてみるという習慣を取り入れてみようと考えました。ネットから遠ざかる習慣を「ネット断食」と呼ばれています。

 

ネット断食とはどんなものなのでしょうか?

ネット断食とは、インターネットを利用可能な環境から敢えて遠ざかり、一定期間ネットなしで生活することである。

インターネットが十分に普及し、ネットのない生活が考えられない、ネットがないと不安だ、ネットを使いすぎて生活が健康に支障が出始めている、といった「インターネット依存症」の傾向にある若い世代が増加しつつあると言われている。そうした背景のもと、ネット断食によりインターネット依存症を克服する取り組みが注目されている。

引用:ネット断食とは 「ネットだんじき, インターネット断食」: - IT用語辞典バイナリ

情報過多の時代だからこそ情報を断つ「ネット断食」。ネットとの適度な距離感・付き合い方について考えていきます。

【ネット断食】自分の頭で考える習慣を!ネットに正解を求めすぎない

f:id:mightymind11:20160831203931j:plain

だれもが簡単に情報が得られる時代。調べ物もグーグルで検索すればすぐに必要な情報が得られる。

 

最近の子どもは分からないことはネットで調べて答えを求める。私もわからないことがあればとりあえずネットで調べてみる。

 

しかしネットの情報に必ずしも正解であるとは限らない。

 

現実での悩みがあるとグーグルで悩みワードを検索する。しかしネットで得られる情報も一個人の一つの意見であってそれが必ず正しいわけではない。自分の人生で抱える悩みや問題については自分で考え抜いて答えを出すしかない。

 

ネットで検索して辿り着いた回答よりも、自分の頭で考え抜いたことのほうが何十倍も価値があると思う。調べものはネット情報で調べることができるが、ネットに頼りすぎるのではなく自分の頭で考える習慣も必要!

通勤電車ではスマホを止めて読書に切り替える

通勤電車の中でスマホをやっている人は多い。

 

私も朝と帰りの電車の中でスマホいじりをしていたが、その習慣が自分にとって良いか考えてみるとそれほど重要なものでないように思った。

 

スマホでは際限なく情報が流れてくるがその情報を処理するのに結構疲れる。朝起きて仕事やって帰る途中でもスマホをいじって、デジタル情報にさらされると脳が疲れる。脳の容量も限りあるもの、自分が本当に必要だと感じる情報を選んで取り入れよう!と考え読書に切り替えてみる。

 

スマホから流れてくる情報は基本的に受け身、本を読むという行為は主体的。自分から取りに行った情報のほうが確実に知識として活きてくる。

情報断食!テレビ・パソコンの電源を入れる習慣を見直す

家に帰ったらとりあえずパソコンを開いてネット。気になったテレビ番組はとりあえず録画をしておく。ネットやテレビで一日の大半の時間を消費してしまう。

 

「パソコン・テレビの電源を付ける」という普段なんとなくやっている習慣。その習慣から常に情報を浴び続ける生活。ネットから流れる情報にテレビから発信される情報。

 

情報を選別するため自分にとって必要な情報と不要な情報を決めておく。

ネットから距離を置いてみる…ネット断食で本当の欲求を知る

意外と自分が本当に欲しいものがわからない人は多いと思います。様々なマーケティングで広告・情報が氾濫する時代。

 

取り入れる情報を制限し本当に必要な情報だけ取り入れてみます。取り入れる情報を少なくすることで考える余裕が生まれます。

 

ネットで衝動買いをしてしまうという人は本当に自分に必要かどうか、一度自分に問いかけてみてください。

 

本当の欲求とは自分の中に内在するもの。ネット情報から距離を置いてみることで、本当の欲求に気づくきっかけになります。

SNS・ネット交流は承認欲求を満たすツール

f:id:mightymind11:20160704213105j:plain

このはてなブログ運営していて、はてなスターやはてなブックマークがいただけるとうれしいです。自分の書いたブログがそれが色々な人に読んでもらえた、評価してもらえたことで承認欲求が満たされます。

 

SNSでのネット交流は承認欲求を満たすツールとして便利だと思います。

 

承認欲求がほしい人というのは自己肯定感が低い場合があります。もし自分が他者から認められたいためにSNSをやっているのなら、SNSに依存していないかどうか見てみることも必要です。

【ネット断食】リアルとネットどっちが大切?

友人と会っているにも関わらずスマホ画面をずっと見ている人もいる。リアルで人と会っているのにSNSの反応が気になってしまう。

 

ネット依存になるとリアルな生活がおごそかになりネット優先の生活になりがち。でもやっぱり現実で会う人と深く付き合っていったほうがより多くのことが得られると思います。

 

ネットではわからないリアルな人の言動や声のトーン、しぐさからその人の様々な情報が読み取れます。

 

ネットでは得られない情報が現実にはたくさんある。ネットとは適度な距離を保ち良い関係を築きながら、現実を大切にしていきたいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

【ネット断食】シンプルライフ

ネットは便利なものです。簡単に買い物できたり、ほしい情報がすぐに得られたりします。

 

ネット情報との付き合い方が大切。情報が氾濫することで情報も選択する必要が出てきます。人は選択肢がたくさんあることで何かを決める決断が困難になることもあります。

 

選択肢を絞ることでシンプルに物事が考えられるようになります。

 

ネットとの距離を置いて考える、ネット断食でシンプルライフ!

マンガでわかる「やめる」習慣

マンガでわかる「やめる」習慣

 

 

広告