まりもライフ

30代これからの生き方について考えたり、生活に役立ちそうなことを綴っていくブログ

ブログを書くことの向き不向き、必要な資質とはなにか考える

f:id:mightymind11:20161208093605j:plain

ブログを続けていて思うことはブログを書く上でも向き不向きがあるなぁと感じています。

 

向き不向きはもともと持った資質によるところも大きい。

 

ブログを書く上で必要な資質とはなんだろう?そんな考えについてまとめてみます。

ブログを書く上で必要な資質

ブログを書く上で必要な資質を考えてみます。

 

・文章を書く力

・情報をまとめる力

・感性

・継続する力

 

この資質を持っているかどうかは非常に重要だと思います。

文章を書く力

文章を書く力とは…どの分野でもいえることで、もともとセンスを持っている人というのは少ないと思います。どちらかというと続けてきたから身に付いたものという考えを持っています。

 

どうやったら文章を書くことを続けられるのか?それは文章を書くことが好きかどうかで決まると思います。

 

文章を書くことが好きとはどういうことなのだろうか。

 

・文章にすることで頭の中を整理する

・人に読んでもらい影響を与えることが好き

・情報を発信することが好き

・ひとりでコツコツ作業することが好き

・文章を書くことで得られるものが多い(金銭的・人間関係など…)

 

文章を書くことが好き、という人にも様々あります。

 

こういった好きな要素がたくさんあるほど、ブログを書くことに向いているといえるのではないでしょうか。

情報をまとめる力

ブログの目的のひとつ、読者に役に立つ記事を提供するということがあります。

 

世の中の情報をまとめてひとつの記事にする。情報をまとめて役に立つ記事を書いている人は、たくさんの人に読まれます。

 

情報をまとめて整理するということが好きな人はブログを書くことに向いているといえます。

感性

日常生活を送っていると様々なことに気づくはずです。

 

日常生活の中で気づくことはあっても、それを人に伝えることが苦手な場合もあります。

 

日常の些細な出来事をキャッチし、それをブログ記事にする。

 

特別な経験や経歴がない人は読者の共感を得られることが求められます。「それっあるある!」と多くの人に共感してもらえるような記事を書ける。

 

些細な出来事でも情報をキャッチしそれを記事にできる人がブログを書くのに向いている資質であると思います。

継続する力

継続できる人間はどの分野でも強い。

 

ここでいう継続とはただ続けることではない。ただ毎日記事をあげるだけではなく、常に考え続けられるという意味。

 

ブログは記事を書くだけではない。書いた記事がどういった反応があったのかを検証し次に活かす必要があります。より良い記事へPDCAサイクルを回しながら、実践と検証を続けること。

 

この作業を続けられる人が多くの人に読まれる記事を書けるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク 

 

成果が出る人と出ない人の違いはマインドセット

PV数が多い、成果を出せる収入が得られる人。そういった人は意識の違うのだと思っています。これはどの分野においても言えること。

 

意識の差はどこから生まれるのだろうか?マインドセットだと思います。

 

ブログを続けることの目的を明確に持っていること。継続することで得られるものが明確に描けている。

 

「思考は現実化する」という本があります。潜在意識で明確に得られるものが描けているのなら、それを現実にするべく行動が伴います。

 

このマインドセットがブログを書く上でも決定的な差になるのではないでしょうか。

 

ブログのみならず様々な分野にいえることです。よい結果を残そうと思ったらこのマインドが大きく関わってきます。

 

ブログをやる理由を今一度考えてみることも良いかもしれません。

広告