読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりもライフ

30代これからの生き方について考えたり、生活に役立ちそうなことを綴っていくブログ

やりたいことがわからない人…ちょっとした生活習慣を見直してみよう

ライフスタイル ライフスタイル-やりたいこと

f:id:mightymind11:20161015115301j:plain

自分のやりたいことというのは意外とわかっていないことが多いものです。

 

「やりたいことはなんですか?」って聞かれてもすぐに答えることができない…。

 

毎日同じように生活をしていると自分が本当にやりたいことや欲求がわからなくなってしまう。

 

一方で毎日楽しそうに過ごしている人もいます。毎日楽しそうに過ごしている人ほど、やりたいことがたくさんあるものです。

 

ではなぜやりたいことがわからなくなってしまうのか?

 

自分のやりたいことよりも、社会や世間から求められる役割をずっと続けていると自分の本当の欲求がわからなくなってしまうことがあります。

 

自分の意見や感情よりも周囲の考えに合わせて生きている…そんな日々を続けていると気づかぬうちに自分の感情を抑圧してしまっていることに気付きます。

 

そんな自分の感情を抑圧してしまっている生活している…自分のやりたいことがわからない人。

 

そんな人はちょっとした生活習慣を変えてみる。自分のやりたいことや欲求を取り戻すための手助けになるような方法をまとめてみます。

自分の知らない世界で生きる人と話をしてみる

会社勤めをしていると普段会う人は大体決まってきます。それが自分の価値観を作り、それが自分の住む世界になります。

類は友を呼ぶというくらいで、誰もが身の回りには自分に似た人が集まっており、物の見方や考え方が偏った世界で生きています。そのせいで、確証バイアス(先入観に基づいて他者を観察し、自分の都合のいい情報だけを集めて、さらに先入観を補強すること)に陥り、限られた世界をこの世のすべてのように認識しがちです。 

意外と知られていない「街ゆく他人」と話すメリット | ライフハッカー[日本版]

退屈な毎日…そんな風に思ったら今いる場所がコンフォートゾーンと呼ばれる場所に留まっていることに気づくことが大切。

 

その価値観を壊すきっかけとなるのは、自分とは別の分野で活躍している人の考えや思考に触れてみること。

 

様々な人の考え方に触れてみることで視野を広げて考えられるようになります。

 

単調な毎日でつまらないと思ったら、自分とは違う世界や価値観で過ごしている人と話してみると刺激になります。

カフェや喫茶店でぼーっとする時間を作る

f:id:mightymind11:20161009193810j:plain

 忙しく仕事をしていたりすると自分のための時間がなかなかとれない。

 

そんな時は強制的にひとりの時間を作るにはカフェや喫茶店に行ってみる。ひとりで静かに読書してみたり、ボーっと過ごして自分について考えてみる。

 

自分の人生を創造する、カフェで過ごす時間が楽しい気持ちやワクワクする気持ちを蘇らせてくれる、クリエイティブな時間になります。

カフェで仕事をするとクリエイティブなアイデアが生まれやすい理由 - 音と感情とヒトの行動心理を科学する「BGMの心理学ブログ」

好きな食べ物を我慢しない

ダイエットや健康のために食べたいものを我慢している。自分の欲求をおさえてしまっていませんか?

 

子どものように「~したい!」って欲求を大人になると抑えてしまうことがあります。そんな欲求を大切にしてあげる。

 

ずっと行ってみたいと思っていたレストラン、好きな食べ物を我慢せずに食べてみる。

 

自分の欲求に素直に従ってみること、自分の好きなこと・やりたいことをやっても良いのだと自分自身に許可を出してあげましょう。

子どもの時の夢中になった、楽しかった思い出を書き出してみる

f:id:mightymind11:20161012214345j:plain

子どもの時は周りの目や世間の目を気にせずに、無邪気にやりたいことをやっていたと思います。

 

子どもの時に夢中になっていたこと、楽しかった思い出を紙に書き出していきます。

 

楽しかったことを思い出すことで心も自然とワクワクしてくるはず!やりたいことがわからない…そんな時は過去の自分に聴いてみてください。

 

「自分はどんなことに夢中になっていた?どんなことにワクワクして過ごしていた?」

 

そこに自分のやりたいことのヒントがあります。

スマホ・インターネットから離れてみる

インターネットをしているとたくさんの情報が入ってきます。情報にさらされ続けるとどうなるのか?なんとなく判断力が落ちたり、意欲が低下した感じになりませんか。

 

情報は多ければ多いほど情報を整理するため脳で処理することが増える。本当に大切なことを考える思考のすき間がなくなってしまう。

 

脳に余裕をもって自由に思考してもらうためにも、少しインターネットの情報から距離を置いてみると良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

やりたいことがわからない…現状から一歩引いて考えてみる

f:id:mightymind11:20161015115247j:plain

やりたいことがわからない…そんな人は目の前のことばかりに囚われてしまっているかもしれません。

 

今いる世界の中に囚われてしまっている、その世界の中で判断しようとしている。

 

過去・現在・未来を見据えた視点に立つ、もっと視野を広げて考えてみる。

 

今いる場所から一歩引いて世界を見てみる。するとやりたいことが見つかるかもしれません。

 

もしやりたいことを見つけたら、まずどんなことでも良いので小さな一歩を踏み出してみましょう。

 

一歩踏み出すことで見える景色が違ってきます。その一歩はあなたの人生を豊かにします。

 

こんな記事も書いてます

marimo-life.hatenadiary.jp

marimo-life.hatenadiary.jp

広告